バレエ学校のご紹介

北米・ロシア・その他のバレエ学校

カナダ

 

 

カナダにもたくさんバレエ学校がございます。超一流のレベルを誇るカナダナショナルバレエスクールをはじめとして、非常にレベルの高い教育を提供しているバレエ学校が多々あります。
カナダの場合、オーディションの最終選考としてサマースクールへの参加が義務づけられる場合がほとんどです。

 

§ カナダナショナル・バレエスクール
カナダ第1のバレエ学校。1959年設立のカナダ最大都市トロント中心に位置する世界的にも有名なバレエ学校。ワガノワメソッドを基に作られた学校独自のカリキュラムがある。6階建てのガラス張りの建物は近代的でスタジオ設備も充実している。プールやジムもあり、体を鍛えなくてはいけないバレエダンサーにとっては嬉しい施設である。学業とバレエを同時に学べるバレエ学校。寮も隣接していて、食事は3食付で寮母さんが24時間体制でいるのでとても安心。留学生は14歳くらいから19歳まで入学可能。カナダの高校卒業資格が取得可能。(プロフェッショナルバレエプログラム)

 

§ カナダ・ロイヤルウィニペグ・バレエスクール

カナダ第2のバレエ学校。1970年にロイヤルウィニペグバレエ団の付属校として設立された。学業とバレエを同時に学べ、寮も完備されている。高校を卒業した生徒を対象としたアスピラントプログラムでは、バレエ団と共にレッスンを受け、バレエ団の公演に出演する機会も与えられる。留学生は14歳から19歳くらいまで入学可能。カナダの高校卒業資格が取得可能。(バレエアカデミックプログラム)

 

§ スクール・オブ・アルバータバレエ
カナダ第3のバレエ学校。ワガノワとチェケッティのメソッドを融合したカリキュラムを採用。バレエダンサーの育成のために作られたチェケッティバレエの試験を受ける事もできる。学業とバレエを同時に学ぶ事ができ、学業で学ぶ事がバレエでどう繋がっているのか、などを意識した授業作りが行われている。大学の寮をアルバータバレエの寮として使用していて、学校からはバスで程近い所に位置する。留学生は14歳から19歳くらいまで入学可能。

 

 

 

アメリカ

 

§ ジャクリン・ケネディー・オナシス・バレエスクール
アメリカトップクラスのバレエ学校。有名なアメリカンバレエシアターの付属バレエ学校。フランス、イタリア、ロシアのカリキュラムから作られたアメリカンバレエシアター独自のカリキュラムで授業が行われている。バレエやコンテンポラリーだけでなく、栄養学、ストレスマネージメント、バレエ団入団の為の履歴書の書き方などのワークショップもある。朝から夕方まで平日にレッスンが行われる。

 

§ スクール・オブ・アメリカンバレエ
アメリカトップクラスのバレエ学校。1934年にニューヨークシティバレエ団付属学校としてジョージ・バランシンによって設立された。500名の生徒が在籍していて、ニューヨークシティバレエ団の公演に参加する事もある。アドバンスディビジョンの生徒はバレエ教育に専念するために、提携している中学校や高校で普通教育を受けることを推奨している。

 

§ サンフランシスコ・バレエスクール
1942年に設立され、サンフランシスコバレエ団と共に歴史を刻んできた。アメリカ4大バレエの一つであるサンフランシスコバレエ団の団員の約半分はこの学校の卒業生である。学校寮も併設されバランシンスタイルのバレエを1日を通して学ぶ事ができる。

 

§ ヒューストン・バレエスクール
1955年設立のこの学校は、アメリカ4大バレエ学校の一つである。ヒューストンバレエ団と繋がりがあり、高校卒業以上の生徒はヒューストンバレエIIへの応募ができ、ここではバレエ団と共にレッスンを受け公演に出演する機会が与えられる。学校の上の階には寮も完備されており、寮母さんもいる。

 

§ ボストン・バレエスクール
1953年に設立され、10年後の63年にボストンバレエ団が作られた。トレイニーの生徒はバレエ団のレッスンにも参加する事ができ、バレエ団の公演にも出演する機会も与えられる。また、朝から夕方まで月曜日から土曜日の授業がある。

 

§ ワシントン・スクール・オブ・バレエ
1944年にメアリー・デイとリサ・ガーディナーによって創設されたワシントン・スクール・オブ・バレエ (TWSB)は、卓越したダンス教育を行っていることで、国内外で認められています。 現在ではジュリー・ ケントが、学生に最高レベルのダンストレーニングを提供するため、カンパニーと学校の一体化を目指し、 最高責任者に就任。 学校責任者であるシオマラ・レイズも同様に、新しい世代のダンサーの教育に献身的、 情熱的に携わっています。 ノースウエスト・キャンパス(NW)では毎年700名以上の学生が、サウス イースト・キャンパス(SE)では350名が学んでいます。 バージニア州アレクサンドリアにあるアテナエウム ・キャンパスには、50人以上が在籍しています。 また、2016年1月には、キャシードラル・コモンズに 約180名が学ぶことが出来るジョセフ・コールマン・スタジオがNWキャンパスの中に増設され、今後より 一層の発展が期待されています。

 

§ キーロフ・アカデミー・オブ・バレエ・オブ・ワシントンDC

 

§ マイアミシティ・バレエスクール
1993年に設立されたマイアミビーチからすぐ近くのバレエ学校。バランシンのスタイルを取り入れて授業が行われている。付属のバレエ団もあり、公演の出演する機会も与えられることがある。朝から夜まで踊りのレッスンが受けられ、バレエに限らずコンテンポラリーやジャズダンスなども学べる。

 

§ ジョフリー・バレエスクール
ジョフリーバレエ団付属のシカゴにあるバレエ学校。朝から夕方までバレエ、ポワント、コンテンポラリーなどのレッスンを受けられる。高校生までを対象としたプレプロフェッショナルプログラムと17歳から21歳までのトレイニープログラムとに分かれる。

 

 

 

ロシア


§ ボリショイ・バレエアカデミー
モスクワ最古のシアター。1773年に踊りのクラスを行った所から学校の歴史は始まった。現在ではボリショイバレエ団の付属バレエ学校として世界で活躍するバレエダンサーを排出するとして、世界有数の名門校。バレエやモダンなど踊りの授業の他に歴史や音楽、普通教育も行われる。

 

§ ワガノワ・バレエスクール

1738年にロシア初のバレエ学校としてサンクトペテルブルクに設立された。白鳥の湖や眠れる森の美女などの振付家であるマリウス・プティパも昔この学校で教えていた。歴史的に有名なアンナ・パヴァロヴァやニジンスキー、ジョージ・バランシンなどもこの学校の卒業生である。国立のバレエ学校で、学業とバレエの両方が学べて多くの卒業生が付属のマリンスキー劇場バレエ団(キーロフバレエ団)など各地のバレエ団で踊っている。

 

§ 国立ノヴォシビルスク・バレエ学校

ノボシビルスクバレエ学校は1956年、学校の目の前に位置する、ノボシビルスク・オペラバレエ劇場の ダンサー養成を目的として設立されました。 シベリアの中心都市という土地柄、シベリアの各地から、 多くの才能ある学生が集まり、卒業生は”バレエアーティスト”の資格を得、各バレエ団で活躍しています。 学校の設備は大変充実しており、現在、9つのスタジオと学内劇場、学科教室、寮、 食堂が一つの施設内に併設されています。 近年、新校舎が建設され、学生寮とスタジオが増設、 インターネットも完備され、より快適で充実した設備となりました。

 

§ キエフ・バレエスクール
1934年ウクライナのキエフに学校が設立された。現在では様々な国際コンクールに出場する生徒も多く、優秀な生徒を排出している。

 

 

 

フランス

 

言わずもがな、オペラ座バレエ団で有名なバレエの本拠本元フランス。バレエ学校の数はあまりないですが、国立のコンセルヴァトワールなど留学生を積極的に受け入れているバレエ学校もいくつかございます。元オペラ座の教師などが多く、フランスバレエを学ぶにはうってつけでしょう。

 

§ パリオペラ座バレエ学校
§ パリ国立コンセルヴァトワール
§ カンヌ・ロゼラハイタワー
§ マルセイユ国立バレエ学校
§ リヨン国立コンセルヴァトワール
§ エコール・ジャニーヌ・スタンローヴァ

 

 

 

オランダ

 

オランダ国立バレエ団やイリ・キリアンのNDTがあるオランダ。
ヨーロッパの真ん中にあるお国がらか、ヨーロッパのバレエ教育の良いところを吸収しインターナショナルな素晴らしいバレエ教育を提供しています。町中で英語がとても良く通じるのも留学生には強い味方でしょう。

 

§ ハーグ王立コンセルヴァトワール
§ ロッテルダム・ダンスアカデミー

 

 

 

ベルギー

 

コンテンポラリーは発達している国ベルギーですが、クラシックの教育も歴史あるものです。
現代的な感覚と、歴史ミックスするベルギーで、多彩なバレエを勉強してみてはいかがでしょうか。
パリへも電車で数時間でいけるのも魅力です。

 

§ アントワープ王立バレエ学校

ローザンヌのスカラーシップ校にもなっている同校。現代のバレエ界に対応できるダンサーを育成するため、きめの細かいカリキュラムとロイヤルフランダースバレエの舞台にたつ経験も重要視している。

 

 

§ ブリュッセル・インターナショナル・バレエスクール

ボリショイ、キーロフ、ワガノワ、バーゼル、クルベルグバレエ、オランダ・ダンスシアターから権威ある国際的なダンサー、教師や振付師と専門家による集中トレーニングプログラムに参加することができ、才能あるダンサーが知識、体験、インスピレーション、情熱を共にする他にはないプログラムを提供しております。

 

 

 

オーストリア

 

§ ウィーン国立歌劇場バレエ学校

世界から一流の芸術家が集まる音楽の都ウィーン。その街の中心に140年近い伝統を持つ名実共にクラシック音楽の殿堂ウィーン国立歌劇場があります。付属のBalletshule der winner staatsoperはその起源を1771年にまで遡る伝統ある学校です。オペラで有名な歌劇場ですが、バレエも、近年マラーホフの初演作品を上演したり、レナート・ツァネラが意欲的に作品を発表していたりと急速な変化を遂げています。また日本人プリンシパル中村祥子さんが活躍していたことでも有名です。また、国立歌劇場の舞台に立つ機会が多いのも大きな魅力でしょう。年に数回ある学校公演のほかに、バレエ団の公演や有名なオペラ座舞踏会にも出演します。

 

§ ウィーン・ダンスアーツ

ダンスアーツはウィーンの街中にあるバレエ学校。2006年創立。ダンスアーツの校長Boris Nebyla氏は、ウィーン国立歌劇場バレエ団で長年ソリストとして活躍。ダンサーとして活躍する傍ら、バレエマスターや振付家としても活躍。これまでにも、世界中の貴賓・著名人が集う、ウィーン国立オペラ座舞踏会のオープニングを飾るセレモニーでの振付を行いました。宮殿舞踊からモダンまで多くの作品を振付けています。ダンスアーツ創立当時の校長は、ウィーン国立歌劇場附属バレエ学校の現校長Simona Noja氏。

 

 

 

 

 

スイス

 

ヨーロッパの中心スイスにもバレエ学校がたくさんあります。
コンテンポラリーダンスが強い印象のあるスイスですが、クラシックが重点的に学べる学校はチューリッヒに多くあります。

 

§ チューリッヒ・オペラ座付属バレエ学校

チューリッヒにあるRADメソッドのバレエ学校で、15歳から24歳くらいまで入学可能。日本人教師もいるので早く学校になじむことができるだろう。オペラ座の舞台に立つチャンスもある。

 

§ スイス国立チューリッヒ芸術大学タンツ・アカデミー・チューリッヒ

タンツ・アカデミー・チューリッヒは、スイスプロフェッショナルバレエスクール財団によるチューリッヒスクールという名前でしたが、2006年にチューリッヒ市営の Zurich Dance Academy(taZ)という名前になりクラシックバレエに特化した学校になりました。クラシックバレエの教育メソッドはワガノワとタラソフメソッドによるものです。ダンサーになるための不可欠な教育を行うことを目的としています。モダンダンスはグラハムとリモンによるテクニックで行います。現在taZは、世界の様々な学校と提携をむすび、多彩な経験を積ませることに力を入れています。寮や校舎の設備、国際的な教師陣、カリキュラムのしっかりした教育が魅力です。年齢の若い可能性のある生徒を求めています。

 

 

 

ハンガリー

 

音楽が盛んな都、ブタペスト。バレエの歴史も長く、ワガノワ系のスタイルをもった美しいダンサーがたくさんいます。国立ハンガリアンダンスアカデミーは留学生の受け入れにも積極的です。東欧でバレエ留学という少し人と違った経験も魅力的です。

 

§ 国立ハンガリアン・ダンスアカデミー

ハンガリー国立バレエ学校は1950年創立と大変歴史のある学校です。学校は芸術も豊かな東欧の中心国 ハンガリーの首都ブタペストの閑静な住宅街の中にあります。雰囲気のある旧校舎と新しく建たてられた新校舎、その他衣装や音楽を扱ったり、トレーニングができるセンター全てが同じ敷地内にあります。 学校では10歳から20代までの生徒が学んでおり、まさに欧米の伝統的なバレエ学校の雰囲気が漂う学校 です。校長のGyörgy Szakályは長らくハンガリー国立バレエ団で活躍し、ドイツのドルトムントバレエ団でも 活躍。ダンサーで活躍する傍ら、バレエマスターや振付家としても活躍しました。

 

 

 

ルーマニア

 

すばらしい体操選手にはルーマニア人がおおいですが、バレリーナもしかり。あの、今をときめくアリーナ・コジョカルもルーマニア出身。ハンガリーやウクナイナなどの要素と、ラテンの気質が混合するこの国は日本人へのイメージも好印象。ブカレスト国立バレエ学校は、アリーナ・コジョカルが最初に学んだ学校でもあります。

 

§ ブカレスト国立バレエ学校

あのアリーナ・コジョカルが幼い時に学んだ学校です。
ロシア系のしっかしりたカリキュラムが魅力。ブカレストは大変美しい国です。当社の現地スタッフもいるので安心です。

 

※上記以外の学校にもオーディション受験可能です。詳しくは当センターまでお尋ねください。

 

バレエ学校を選ぶ へ
ご相談・お問い合わせはこちらから