バレエオーディション・ワークショップ

ビデオオーディション

 

ビデオオーディションでは、日本で学校の規定に沿ったビデオを撮影し、願書やその他の提出書類とともに学校に送ります。およその流れは以下のようになります。

 

ビデオオーディションの流れ

 

1. 生徒さんや保護者の方のご希望を伺い、一緒に受験する学校を選定します。
2. 受験に際し必要なことを当社にて調べ、生徒さんが揃えられるようにサポートおよびアドバイスをいたします。
3. 学校のオーディション規定に合わせて振付(海外バレエ学校でオーディション審査員の経験がある講師による)をし、ビデオ撮影を行います。
4. 提出書類とビデオ撮影したものを学校に送付します。
5. 学校とのやり取りすべてを当センターにて担当し、合否確定までサポートいたします。
6. 合否を生徒さんと保護者の方にご報告します。

 

※ 遠方の生徒さんのビデオ撮影にも対応いたしますので、個別にご相談ください。

オーディション担当講師の紹介

 

現在S&Hでビデオオーディションを担当している講師を紹介いたします。

 

タチアナ・コズロバ

Tatiana Kozlova

 

コズロワ

モスクワのボリショイバレエ学校卒業後、ボリショイバレエ団で活躍の他、バレエミストレス・通訳・衣装を担当する等、多岐に渡り活躍。現在はフリーランス講師として本格的なワガノワメソッドを指導。

1975年 ボリショイバレエ学校入学
1985年 ボリショイバレエ入団
1996年 新国立劇場バレエ団入団

ギーポール・ドゥ・サン・ジェルマン

GUY-PAUL RUOLT/DE ST GERMAIN

 

ギーポール

Jeune Ballet de France, Ballet de l' Opera de Marseille, マルセイユナショナルバレエローラン・プティや、ロンドンシティバレエ、ウィーンフェスティバルバレエ、バレエクラシックサラゴサなど30年間以上にわたりヨーロッパ各地で踊る。

彼のダンスキャリアに並行し、フランスでの演劇活動、ミュージックビデオ(エルトン・ジョン)や映画、フランス、イタリアとイギリスでの定期的なテレビ出演を果たす。 また、何年間も国際的に賞賛されたミュージカルキャッツのミストフォリスの役をつとめパリ、ロンドンのウェストエンド、アムステルダムとUKツアーをおこなう。 ヨーロッパ各地の多くの学校で指導をする。ロゼラ・ハイタワー (カンヌ)、オフジャズダンスセンター(ニース)Urdaingアカデミーとウェスト・ストリートスクール(ロンドン)ハモンドスクールパフォーミングアーツ(チェスター)などでバレエの指導を行う。

2006年以来、ゲストダンサー、特別教師として定期的に来日。 アーキタンツダンスセンターを含む多くのバレエスクールで教える。2009年にはコンクールの審査員を務め2010年からスタジオプティ・パに於いて主任教師に就任する。 

 

※オーディション担当講師は、オーディション実施日により変更となる場合があります。

 

ご自身のレベルが分からない方のために、ビデオオーディションを行う前に、S&Hでアドバイスを行い志望校を決めることもできます。

また、オーディションに向けて短期間でレベルアップをはかりたい場合は「プライベートレッスン」もご用意しておりますのでお問い合わせ下さい。

 

現地オーディション へ
最新オーディション情報 へ