海外バレエ学校での生活

留学生・保護者の声

 

当センターから留学またはサマースクールに参加された生徒・ご父兄の体験や感想を順に紹介しております。

 

その① 2015年国立ハンガリアン・ダンス・アカデミー留学K.T.さん

 

 朝から夕方までクラスがみっちりあり、とても充実したバレエ生活でしたが、長時間のレッスンに慣れていなかったせいか怪我をしてしまった事がありました。その時に、うまく症状を学校の先生や病院の先生に伝えられないのではないかと不安に思っていたのですが、現地スタッフの方が病院に付き添って下さり通訳して頂けたのできっちりと治療に専念する事ができました。

怪我をしてすぐに対処できたので、ひどくなる前に完治してすぐにレッスンに復帰する事ができたので本当に良かったです。有難うございました。

 

その② 2015年ドイツ・ニュルンベルク・フォーダーセントルム卒業のU.M.さんの保護者様

 

娘のドイツ留学でサポートしていただいております。

10代での留学という事で両親共に初めは不安もありましたが、娘の夢のためと応援をする形になりました。S&Hさんの現地スタッフの方はとても親身な方で、娘も言葉も分からない土地で日本語で色々とサポートして頂いている事でレッスンに集中できると言っておりました。

 

月に1回は東京の事務所の方経由で現地での生活状況や学校での出来事などを連絡していただいているので、娘の頑張っている状況が常に分かりとても安心しております。大きな問題もなくドイツでのバレエ留学を続けてこられたのはスタッフの皆様のお力だと思っております。

 

 

その③ 2014年ドイツ・ベネディクト留学のF.A.さんの保護者様

 

 ドイツに娘を2年以上留学サポートしていただいております。東京のスタッフの皆様にはオーディションの時から入学手続き、航空券やビザの手配まで色々とサポートしていただきました。

 

特に現地スタッフの方には娘も大変お世話になっており、ドイツ語の授業までして頂いて居るのは大変光栄なことです。昨年末に娘に会いにドイツへ行った際には市内の観光まで一緒に回って頂き、学校の案内やドイツ語授業の見学までさせて頂き実際の娘のドイツでの生活が体験できたようで有り難かったです。

大勢の生徒さんをサポートされているにも関わらず一人一人に愛情を持って接して頂けるのが感じられ、これからも安心して留学させられると喜びの旅となりました。

 

その④ 2014年ドイツ・ニュルンベルクの現地スタッフより

 

以前、飛行機のトラブルでドイツの目的地まで飛行機が到着しないという事がありました。

ニュルンベルグへの留学生がミュンヘンまでしか行けず、乗り継ぎの飛行機もないという事でミュンヘン市内の現地スタッフが生徒さんをミュンヘンの空港まで出迎えてホテルのチェックインをいたしました。

翌日にはミュンヘンからニュルンベルグまで電車で1時間半の道のりを違うサポートスタッフが同行し、ニュルンベルグの現地スタッフがお出迎えさせていただきました。飛行機トラブルという不測の事態であったにも関わらず生徒さんになるべく不安を与えないように現地スタッフの尽力のお蔭でサポートする事ができました。

 

このように、常に最悪な状況を想定してサポート体制を取っておりますのでご安心して留学して頂くことができます。

 

 

その⑤ 2013年オスロナショナルご卒業Y.Y.さんの保護者様

 

 3年前、何も分からずノルウェーでの留学がスタートしたその日から、留学センターでのサポートは、本人にとって本当に心強いものでした。
日々利用する交通機関について、住民コードをもらうまでの手続き、学生寮でのインターネットが繋がるまで…。食事など一人でこなす準備は日本でしていたのですが、日常のありとあらゆるものを学校生活に支障がないよう使いやすくするためには、3カ月かかりました。それでも日本の生活とは違い日々戸惑うことばかりです。本当に本当に沢山のことがありました。でもそんな時、日本語で現地のことが分かる方と話せることでどれだけ乗り越えられる力をもらえたことでしょう。1年もたつとサポートさんとも、時間を忘れるほど話しこみ3時間、なんてことも何度もあったようです。だからこそ、学校でも精一杯頑張ることも出来たのだと思います。母親としては感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 学校では、同学年クラスメイトは本人を入れて6人。3学年で18人程、日本人の女の子は初めての入学でした。英会話は必須です。
レッスンでは、フランスからアメリカからなど様々な国の講師の指導を受け、年2回の学校公演の他、毎年のスウェーデンのコンペティション、ヘルシンキのコンペティションは、学校の先生推薦で昨年出場、また、最終学年時は学校推薦でノルウェー国立バレエ団演目に参加などたくさんの機会にも恵まれ、この6月に卒業いたしました。

 

 中学生のころから海外のバレエ団で仕事がしたいと願っていた本人は、ノルウェーに入学することにより、ヨーロッパの情報を得ることができ、よかったようです。学校のシステムは、結果、本人にはとてもあっていました。この8月からは、ノルウェー国立バレエ団のオーディションに合格し念願のバレリーナです。
本人がバレエを学んでいる頃を知る人々に囲まれ、そこで就職ができたことは幸せです。学校選びは、どんなバレエをしたいのかを踏まえ決めることが大切だと実感いたします。学校選びに沢山のアドヴァイスと、オーディションテープ作成までの過程が、納得のいくものでした。そして、日本からでは支えきれない現地でのサポートがあったからこその今に改めて感謝いたします。スタッフの皆さま、ありがとうございました。

 

その⑥ 2013年イタリア・ボルツァーノサマースクールご参加S.I.さん

 

日本出発から帰国まで合わせて7日間という短い間でしたが、大好きなバレエをいつもとは違う形ででき、とても充実して良かったです。また、初めて行くイタリアは気候も食べ物も合い、過ごしやすい環境で、日本の夏よりも断然良かったと思います。

 

レッスンに関しては、バーレッスンの向きが日頃通っている教室と異なっていたりして、バレエの形が一緒でも微妙な違いを実感しました。違う国の方々とバレエをする機会がなかったので、他国でバレエレッスンを受けることに凄くワクワク感がありました。緊張感もありましたが、良い経験ができて良かったと思います。
ありがとうございました。

 

その⑦ 2013年イタリア・ボルツァーノサマースクールご参加R.T.さん

 

レッスンはとても充実したものでした!現地の生徒の踊りはやはり日本とは違う感じがしました。また、普段とは違うレッスンで、より本当の自分を出せた気がします。私のいつものレッスンより少し簡単だったかなと思いますが、基礎的なことをしっかりと見直せ、先生のご指導を忘れずに今後のレッスンに励みたいと思っています。

 

町歩きも楽しかったです。気分転換にもなり、日本ではみられない街並みの中でお土産を買ったり、ジェラートを食べたりしました。現地の生徒たちとの交流も楽しかったです。仲良くなり始めたのはほとんど最終日の前日でしたが、向こうから話しかけてきてくれて友達になれました。

 

バレエ学校の生活 へ
S&Hのサポート へ